2015J1リーグ年間王者、「広島サンフレッチェ」はなぜ強いのか?

12月5日(土)、J1リーグのチャンピオンシップ決勝第2戦(広島Eスタ)にて広島
は、G大阪に1−1で引き分け、2015年の年間王者に輝いた。前半広島は27分にG大
阪に先制されたが、後半31分に途中出場のFW浅野琢磨がヘディングシュートで同点
ゴールを決め、引き分け。2戦合計4−3でG大阪を下した。

森安一監督は、広島の監督就任以来、4年間で3度優勝という偉業を成し遂げました。
今日のテーマである、「広島サンフレッチェ」はなぜ強いのか?について、このブロ
グ『蜻蛉ちゃんのサッカー』に、下記のとおり過去6回、広島のサッカーと森安監督
について記載していますので、読んでいただければ、なぜ強いのかが分かって頂ける
のでは、と思います。

(1)2012年12月7日、11日、13日、クラブFIFAW杯サッカー観戦記(1)、
(2)、(3)。

(2)2013年2月25日、ゼロックススーパー杯、広島対柏戦を観戦して。

(3)2013年12月11日、「森安監督は未来の日本代表の監督になる才能あり」

(4)2014年3月3日、ザックジャパン、広島のサッカーを見習うべし。

広島の強さを知るのには、やはり森安一監督の選手時代のエピソードから語らなけれ
ばならないでしょう。

オフト(オランダ)日本代表監督時代、当時まったく無名の森安一選手(マツダ=現
在の広島)を代表候補の合宿に招集。常連の選手たちは誰も知らなかった。ところが
彼は、アルゼンチンとの親善試合に先発。MFのボランチ(守備型MFでポルトガル
語の舵取り)として初出場。試合後のインタビューで、当時アルゼンチンのスターで
あったFWのカニージャは、「日本の選手で一番やり難かった選手は16番(森安)
だった。自分が入りたい思って動くと、彼が立っているんだ」という言葉に記者団は
驚き、アッという間に、森安の名とボランチという用語とポジションの機能が世間に
広まったのでした。

また、テレビのカメラで森安のプレーを捕らえようとしても、相手からボールを奪っ
たら、直ぐに味方にパスしてしまうため、彼とボールの像を画面に捕らえられない」
とテレビ関係者を悩ませていたそうだ。

その森安が、広島の監督就任1年目で過去1度もリーグ戦でタイトルを獲得したことの
ない広島を優勝に導いたのは、彼の選手時代に、日本代表にて1回のチャンスで結果
を出した“強運”を見逃すわけにはいかない。

森安監督は、日本代表の監督になれるだけの才能がある、と蜻蛉の目はそう見ていま
す。そのわけは、彼がベンチやコーチングボックスに立っている時の目の輝き、その
姿はオーラを感じさせている。それに彼の「広い視野」「深い洞察力」「旺盛な行動
力」「即興性」が、そのまま選手のプレーになって現れているコト。そのうえ、感情
の起伏が少なく、リラックスした冷静さは、監督としての資質は十分備えている。も
ちろん、サッカーの戦術・技術・体力等の知識もあり、センスも感じられる。監督の
心のゆとりが選手に反映して、選手のプレーも遊びがあって、見ていて安心して見て
いられる。対G大阪の第1戦にて、先制を許したプレーのように、時々、リラックス
したプレーが、気の抜けたプレーになってしまう悪癖があるけれども、広島の素晴ら
しさは、必ず次の試合には修正していることである。

最後に、優勝できた要因を森安一監督は、「我々の選手スタッフ一人一人責任をまっ
とうし。チームのために身を粉々にしてやってきて、チームとクラブそれに、多くの
ファンとサポーター、一丸の優勝だと思います」と述べておられた。このように、総
力を結集できる集中力こそ広島の強さではないだろうか。

以上が、今日のつぶやきである。

By tombowchan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s