ワールドカップとオリンピック出場は日本代表の責務<日本サッカーへの提 言>

ワールドカップ(W杯)やオリンピック(五輪)のような世界的な大会のアジア予選
を突破して、本大会出場をし続けることこそ、サッカー日本代表の場合、何よりも重
要。もちろん女子も、各年代層のW杯も同様だ。

なぜか?:日本は地理的に、欧州や南米のトップクラスの国々へ簡単に遠征できる環
境ではないことに問題があるからだ。W杯や五輪こそ、日本が世界のトップと真剣勝
負ができる唯一の機会であり、そこで試合することはもちろん、W杯に向けて、ある
いは五輪に向けて様々な準備をする過程で、日本はすべての面で得るものはとてつも
なく大きい。これらすべてのプロセスが日本サッカー界(各分野と個人も含めて)の
財産になっていくのだ。

このような大会で、数多くの場数と経験を積んでこそ、着々と「世界のトップとの差
を詰めているのだ」という実感がわいてくるのだ。逆に、もし出場できない場合、そ
れらすべてが空白になってしまうのだ。

ところが、日本の場合、本大会に出場しても、結果が出せないと落胆し、それまで積
み重ねてきたことまで否定してしまう。過去のW杯06年のドイツ大会(ジーコ監
督)、10年の南アフリカ大会(岡田監督)、14年ブラジル大会(ザッケローニ監督)
にしても、結果とか内容を気にして(責任回避的行動で)、本当の意味での反省がな
されていず、次期監督候補の話題で矛先を変えてしまっていたのだ。

協会と強化技術委員会のスタッフの交代や監督の交代の度に指針が変更されたりで、
系統的で継続性という一貫性がないのだ。過去の3大会の監督とその国籍を見ただけ
でも分かるはず。それだから、いつまでたっても日本のサッカーの本質は、同じとこ
ろを行ったり来たりで、変わっていず、その間、選手たちは、歴代の監督に振り回さ
れているだけなのだ。

下部組織のU−20、U−17、U−15にしても、アジア予選で勝てなくなっている。一
旦W杯の大会出場が途切れると、連鎖反応のように出場できなくなる。若いうちに国
際舞台で経験する機会を失い、再起するのに、今回のU−23のように苦難を強いられ
るのだ。それだからこそ、日本代表は世界的大会に出場のため、アジア予選を突破す
ることは不可欠。

世界トップとの距離を確認する意味でも、勝ち負けの結果だけでなく、すべての角度
から謙虚に評価して、長所と短所を抽出して、強化育成のための、ダイナミックな緻
密なプランを立て準備する必要がある。

そのためにも、日本代表Aが18年W杯ロシア大会出場がすべて。そうでないと、日本
のサッカーファンは少し少し興味が薄らいで離れていってしまうのだ。なでしこジャ
パンのリオ五輪予選も同様だ。もし出場できなかったら? そうなってからでは遅す
ぎる(ペルーのサッカーを私は、36年観てきているから心配なのだ)。これが蜻蛉の
つぶやきである。

By tombowchan

日本代表総評:マネージメントの勝利<U−23日本代表リオ五輪アジ ア最終予選(7)>

現代の情報社会はサッカー界にグローバル化をもたらした。そのため、サッカーの戦
術・技術・体力といったものには、それほど格差がなくなってきている。それに、今
回の五輪予選のようにU−23という同年代にてのレベルでは大きな違いはない。勝
負を分けるのは、ディーテール(細部事項)の面で、対戦相手を上回る必要がある。
特に今回のリオデジャネイロ五輪出場をかけたアジア最終予選は、猛暑の中東カター
ルでの集中開催、期間約1カ月、それに過密日程といった中で、チームをマネージメ
ントしなければならない。

そのような厳しい条件の中で、手倉森監督の率いる日本代表は、五輪出場権獲得とア
ジアU−23選手権優勝という、素晴らしい結果を出した。個々のレベルでは、対戦
した韓国、イラク、イラン、北朝鮮と比較して、正直なところ日本の選手は高いとは
言えなかった。グループ戦の北朝鮮との試合を観戦したときの印象は最悪であった。
しかし、1−0で勝った。この試合の内容と結果が、逆に、チーム内に、危機感と競
争心が芽生えたことが、その後の快進撃をもたらしたと言えよう。

このチームは「谷間の世代」と呼ばれていた。手倉森監督がこの世代を引き受けたU
−19時代は、先発と控え、関東と関西など派閥が乱立して、「ミスしろ、ケガし
ろ」と身内の自滅を願う選手がいたそうだ。そのため、監督は規律を正すために人間
教育から着手したそうだ。ペルーで、私もこのような規律のないチームを何度も引き
受けてきたので、監督の気持ちがよく理解できる。こういう選手たちだからこそ、一
旦同じベクトルを合わせだすと、競争意識をもちながらチームが勝つために仲間意識
が強くなる傾向がある。

こういう規律のないチームだからこそ、監督をはじめコーチングスタッフ、チームを
支えるスタッフ全員に、緻密な作業が求められる。このような大会では重圧で、敏感
になって、特にストレスが溜まりやすい。それに、連日の練習や試合で体力の回復と
いうか調整が難しい。そういう面は外部の我々には見えない部分。手倉森監督は、初
戦の北朝鮮との試合前日に行われた公式会見にて「日本の未来、この世代を鍛え上げ
る大会にしたい。集中開催、過密日程等、タフだからこそ高めてくれる」と語ってお
られた。

これまで取り上げてきたデイーテールの差は、どれだけ選手たちのストレス、メンタ
ル、フィジカルといったマネージメントが発揮できたかの差と幸運の差とも言える。
その差は、準々決勝から決勝まで、8得点中7得点が、他国の足が止まった、後半1
5分以降に生まれていたこと、交代選手が活躍して結果を出していたこと、ゴールを
決めた後、控えの選手たちと喜びを分かち合っていたこと等々。

優勝という結果を出したチームは、必ずといって、そこに辿り着くまでに、綿密なプ
ランとたゆまない努力をしている。この度のU−23の五輪出場権獲得とアジア選手
権優勝は、総力を結集できたマネージメントの

勝利と言えそうだ。これが蜻蛉のつぶやきである。

By tombowchan

U−23日本代表、韓国の幻想を突き破りアジアを制す<リオ五輪アジ ア最終予選観戦記(6)>

1月30日(土)ドーハ(カタール)。永遠のライバル日本代表対韓国代表の試合。両
国は、準決勝にて、既に五輪への切符を獲得しているので、最終予選ではなく、事実
上、U−23アジア選手権決勝であった。

試合前の予想では、韓国が絶対的に優勢と伝えられていた。というのは、この世代の
代表は親善試合以外に、日本は勝ったことがない。ロンドン五輪での3位決定戦とア
ジア大会でも完敗。しかも韓国は、このアジア最終予選で34戦無敗。それに、この試
合、韓国の監督も選手たちも「日本には負けない」と豪語するほど自信満々であっ
た。

韓国の試合を観ていないから私は、なんとも言えなかったけれど、試合が始まってみ
れば、下馬評どおり、韓国の、速いタッチのパスと動きの攻撃スピードに、日本の
ディフェンス(DF)陣はラインを下げて、クリアするのが精一杯という感じであっ
た。開始早々あっさりとゴールを決められたが、オフサイドの微妙な判定で救われ
た。その後、前半20分に左サイドからのクロスから先制点を韓国に許し、その後も、
ボールを支配され、日本の核となるべくボランチが機能せず、サイドも攻撃の組み立
てができず、一方的な試合だった。追加点されてもおかしくない展開であったが、韓
国はパス回しでシュートをせず、前半1−0で終了。

後半、日本はFWのオナイウに代えMF原川。FWは久保のワントップ。韓国は開始
早々の2分に右サイドからのクロスをゴール前でフリーのFWにこれもあっさりゴー
ルを決められ0−2。この時点では、大敗ムードであった。14分日本はMF大島に代
えFW浅野を入れ、ツートップに戻した。この交代が、両チームの形勢を逆転。22
分、MF矢島の縦パスに反応した浅野が右斜めに快速で走り、相手GKの出ばなに右
足でシュート。ボールはゴールへ吸い込まれ1−2。このゴールで、韓国の選手は動
揺し、同時に疲れが出だしたのか、その後1分もたたず、左サイドからDF山中が
ゴール前にクロス、矢島がヘディングできれいに決め同点。このクロスもGKが前に
出てパンチでクリアできたのだが、その前のゴールで集中力がきれていたのだろうと
思う。

35分、中島の浮き球のパスを、ゴール正面で、浅野が相手DFに体を当て、空かさず
ボールを受けて抜け出し、GKと1対1で向き合い、冷静に左足でゴール右隅に流し込
み、ついに逆転に成功。その後、矢島に代えMFの豊川を入れ、タッチラインを利用
して時間稼ぎ。タイムアップの笛がなり、日本代表の若者たちは、準決勝のイラク代
表との因縁、そしてこの決勝戦で韓国の連勝記録更新の野望と自信満々の幻想を突き
破り、アジアの頂点に立った。

「おめでとう!そして、ありがとう!」これが蜻蛉のつぶやきである。

追記:前回、植田選手(正)の名前を、上田選手(誤)と誤って記載してしまいまし
た。ここにて訂正させていただきます。

By tombowchan